夏休みの学生アルバイト 気をつけてほしいこと

8月に入り

 

大学の前期試験も終わって
学生さんも夏休み真っ只中ですね。

 

 

この時期
学生さんにとっては

 

バリバリアルバイトに励むことができる稼ぎ時。

 

 

ご自身の生活費や学費の足しにしてもらえると

親御さんにとっても頼もしい限りです。

 

 

 

 

そこで
少し、気をつけておいてほしいことがあります。

 

 

お子さんがアルバイト代を稼ぎすぎると

扶養家族から外れてしまい

 

親の所得税・住民税が高くなってしまうことがあります。

 

 

19歳以上23歳未満の子を扶養している親の
扶養控除額は手厚くなっており

 
扶養控除額は、所得税63万円・住民税45万円となっています。

 

 

 

しかし、子の収入が

 
年間103万を超えると税金の扶養外となり
年間130万を超えると社会保険の扶養外となります。

 

 

 

 

では、実際
どのくらい親の税金が高くなるのでしょうか。

 

 

 

扶養控除額×税率で計算しますので
親の収入によっても違いますが

 
約10万円~18万円くらいを目安にしていただけたら、と思います。

 

 

 

お子さんが、年間150万円以上稼ぐのであれば
ご家族トータルでの減収はなくなりますが

 

あくまでも学生の本業は学業です。

 

 

 

学業に影響のない範囲で

楽しくアルバイトができるといいですね。

 

 

 

お母さまもぜひ、見守ってあげてくださいね。

 

 

 

 

 

一緒に幸せなお金持ちになりましょう!

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう