台風で被害にあったら・・・

台風3号が日本列島を横断中です。

 

こちら京都でも
先ほどからかなり雨が強くなってきました。

 

進路にあたる地域にお住まいの方

お気をつけくださいね。

 

 

 

 

もし、台風で自宅に被害がでたら

 

今年も、夏から秋にかけて
台風シーズンに突入の時期となりました。

 

 

もし、台風により自宅に被害が出たら

どのような保険で補償されるのでしょうか。

 

 

火災保険は火災だけの補償ではなく

 

自然災害や事故による住宅の損害を補償する保険です。

 

 

台風も自然災害なので

 

台風によって受けた建物や家財の損害は

火災保険によって補償されます。

 

 

補償の種類

 

風災補償

台風の強風による被害を補償します。

 

台風はもちろん、突風や竜巻なども補償の対象となります。

 

 

例えば

・強風により窓ガラスが割れた

・強風により屋根材が吹き飛ばされた

・強風により飛んできた飛来物で屋根を傷つけられた

 

などのケースが補償の対象となります。

 

水災補償

台風、暴風雨、豪雨等による洪水や
土砂災害、落石による被害が補償の対象となります。

 

例えば

・土砂災害で家が長された

・道路が冠水し、床上浸水した

 

などが当てはまります。

 

ただし、火災保険は

 

以前は

「住宅火災保険」と「住宅総合保険」の2種類があり

水災補償は「住宅総合保険」だけの補償となります。

 

加入している火災保険は
どちらに当てはまるのかを確認しておいてくださいね。

 

 

落雷補償

 

・落雷により屋根が破損した

・落雷によりアンテナが破損した

・落雷により家電製品やパソコンが破損した

 

このようなケースに補償されます。

 

 

 

万が一、自宅に被害が出た場合

利用できると安心ですね。

 

 

ただし、被害の状況によって

補償される割合が違ってきますので注意してくださいね。

 

 

 

これから東海地方に進んでいくようですね。

 

被害がでないことを祈っています。

 

 

 

一緒に幸せなお金持ちになりましょう!

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう