京都の女性FPお仲間さんたちとランチ会

こんにちは。

 

ここのところ、梅雨空が戻ってきましたね。

 

 

昨日は、京都のFPのお仲間さんたち6人で
ランチ会でした。

 

 

京都の東洞院仏光寺を下がった
「エッセン」というフレンチのお店です。

 

 

 

ホントはこのランチ会
去年の年末に忘年会をしよう!ということだったのですが

 

なかなか皆さんの予定が合わず

 

半年延びて
やっと昨日開催できました。

 

 

FPといっても

皆、専門分野はいろいろで

 

6人集まると話題も豊富。

 

少し、シェアしたいと思います。

 

 

癌検診のこと

昨日集まったお仲間さんは
40代~50代前半。

 

年齢的にも婦人系の癌は気になるところです。

 

やはり、検診は大切です。

 

万が一、早期で見つかったら
治療することで助かる命。

 

特に乳癌は、
タイプによって治療法も様々です。

 

高額な治療も、
高額療養費制度を利用することで
安心して治療に専念できます。

 

皆さんも、検診は行ってくださいね!

 

 

子供のお小遣いは?

小学生のお子さんの
子育て真っ只中のママFPさん。

 

子供の金銭教育にも力を入れてられます。

 

「いつからお小遣いあげた?」

「どのように管理した?」

 

 

など、FPでも
お小遣いの考え方はそれぞれ。

 

でも、子供自身が

お金に対する意識をしっかりもつことは
やはり大切なことですね。

 

 

FPとして、また母として

それぞれ金銭教育に取り組まれています。

 

 

中学受験の現実

小学生のお子さんをもつ方にとって

中学受験は気になるところ。

 

 

我が家は、現在

社会人1年目の娘と
高校3年の息子がいます。

 

我が家は二人とも
中学受験をしました。

 

気になる塾の費用ですが

 

小学校3年から行かせたのですが

3年~4年生は、月額4万~5万程度でした。

 

しかし、学年が上がるごとに
どんどん増え続け

 

6年生の時は、月額15万くらいにも。

 

6年生では、年間100万は超えてくると思います。

 

これを聞くとびっくりされるかもですが

 

正直、この塾代が払えないと

私学の中学の学費が払えない、ということになります。

 

 

公立の中学に行っても

 

今度は高校受験のための塾代で

私学の中学の学費なみの出費ということも。

 

子供の学費、というと

つい大学の学費を考えがちですが

 

 

小学校の低学年くらいからでも

 

どのタイミングで受験するのか

塾はどうするのか

考えておいてほしいと思います。

 

 

 

ランチをしながら

このような話題で
あっと言う間に時間がすぎました。

 

 

これからも定期的に集まって

情報交換したいと思います。

 

 

シェアした話題が

皆さまのお役にたてると嬉しいです。

 

 

 

一緒に幸せなお金持ちになりましょう!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう