おトクな口座の開き方~種類編

投資を始めるには
口座を開くことからはじめることをお伝えしました。

 

銀行で開くのか証券会社で開くのか。

 

そして、店舗で開くのかネットで開くのか。

 

自分にとって利用しやすい方が決まったら
次は、税金面でおトクな開き方を考えていきたいと思います。

 

 

前回の記事はこちらをご覧くださいね。

おトクな口座の開き方 ~場所編

 

 

 

 

口座にはどんな種類があるの?

 

投資の口座には、「一般口座」「特定口座」の2種類があります。

 

 

そして、「特定口座」の中でも
「源泉徴収なし」源泉徴収あり」に分かれます。

 

 

ではこの中で、どの口座を開いたら便利でしょうか?

 

 

初めて投資をスタートする場合におすすめの口座は、
「特定口座・源泉徴収あり」です。

 

 

「特定口座・源泉徴収あり」を選ぶことで

 

利益が出た時も、金融機関が自動的に税金を計算して納めてくれるので、

面倒な確定申告をしなくてすみます。

 

 

「NISA口座」って?

 

ところで。
テレビのCMで「NISA」という言葉を
聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
同じ投資の運用をするなら、
少しでもおトクな種類を選びたいもの。

 

 

NISA(ニーサ・少額投資非課税制度)とは、
株や投資信託で得た利益が非課税になる制度です。

 

 

通常、株や投資信託の売買で得た利益や配当金、分配金に対しては、
20.315%の税金がかかります。

 

しかし、NISA口座では、
購入した商品の売買益や分配金などは非課税となるためおトクです。

 

 

NISA口座制度は2014年から始まった制度で、
今のところ2023年まで利用することができます。

 

毎年、購入金額120万円の非課税枠が
新たに利用できるようになります。

 

非課税の期間は5年間です。

 

 

注意しておきたいことは

 

NISA口座で損失が出た場合は、
他の口座で得た利益と相殺できません。

 

そのため、NISA以外の口座で得た利益全額に対して
税金がかかることになります。

 

そうすると、NISA口座を使わなかった場合よりも、
税金を多く支払うことになる可能性があるので注意が必要です。

 

 

自分がどのような運用をしたいかによって
便利な口座を選んでください。

 

 

「私の場合はどうなの?」という場合
お気軽にお問合せくださいね。

 

 

 

一緒に幸せなお金持ちになりましょう!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう