金融商品の種類 その④ 投資信託

今まで3回にわたって

投資商品の種類についてお伝えしてきました。

 

 

金融商品の種類 その① 債券

 

金融商品の種類 その② 株式投資

 

金融商品の種類 その③ 外貨投資

 

 

4回目となる今日は、

投資信託についてお伝えしたいと思います。

 

債券や株式、外貨投資はわかったけど

 

やっぱり、自分ではなかなか投資先を決められない・・・
という方には、投資信託で運用するという方法もオススメです。

 

 

 

 

投資信託って?

投資信託とは

 

投資家からお金を集めてひとまとめにし

運用の専門家が、日本や外国の株や債券に投資をします。

そして、その利益を投資家に還元する、というしくみの金融商品です。

 

 

投資信託のメリット

 

1つの国や銘柄に偏らず、
世界の国や多くの銘柄に分散投資をすることで、
リスクの分散ができるというメリットがあります。

 

投資信託は、少額から投資することができ、
商品にもよりますが、1,000円程度でも購入できます。

 

なので、毎月の積み立てにもおススメです。

 

投資信託は株や債券に投資するので
毎日値動きがあります。

 

でも、毎月同じ金額を長期的に積み立てると

 

投資信託の価格が高い時は少なく

投資信託の価格が低い時は多く買うことができるので

 

平均単価をさげることができます。

 

 

気をつけたいこと

 

投資信託には「分配金」を出すタイプと出さないタイプがあります。

 

一般的に、分配金を出す商品より

出さない商品の方が高い利回りで運用される傾向があります。

 

また、投資信託は
①購入時

②持っている間

③売却時

 

にそれぞれコストがかかります。

 

この中でも、特に気をつけておきたいのが
②の持っている間毎日かかる「運用管理費用(信託報酬)」です。

 

同じような投資信託なら
少しでもコストが低いものを選ぶといいですね。

 

 

ここまで、4回で

主な投資商品についてお伝えしました。

 

皆さんにピッタリの投資がみつかるといいなと思います。

 

 

一緒に幸せなお金持ちになりましょう!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう