金融商品の種類 その③ 外貨投資

投資商品の種類について
お伝えしてきています。

 

今日は、外貨投資についてお伝えしますね。

 

外貨投資とは?

外貨投資とは、資金を外国の通貨に両替して投資する方法です。

 

 

海外旅行によく行かれる方なら
なじみのある投資方法の一つと言えるでしょう。

 

 

一般的に多いのは「外貨預金」です。
投資したい国の通貨に両替して預金をする方法です。

 

そのほかにも投資先は
外国の債券、外国の株、投資信託などがあります。

 

 

皆さんはFXという言葉を聞いたことがあると思いますが

 

FXとは
外国通貨を売買することにより為替差益を目指す
「外国為替証拠金取引」のことをいいます。

 

 

FXは手持ちのお金の何倍ものレバレッジをかけて取引することが多いので
その分、利益が大きくなりますが
逆に損も大きくなります。

 

 

 

 

外貨投資のメリット

金利が高い国があると、高い利回りが期待できます。

現在日本は
大手銀行で1年定期の利率は0.01%と低金利ですが

 

日本より金利の高い国が多いので
金利面で有利に運用することができます。

 

 

また、為替差益が得られる可能性があります。

 

預けた時より円安になると為替差益を得ることができます。

 

 

外貨投資のリスク

 

逆に、預けた時より円高になると為替差損となってしまいます。

 

また、売買には所定の手数料がいるので
目先の利率だけではなく、手数料も考えましょう。

 

 

外貨投資ときくと難しく感じるかもしれませんが

 

外国の政治や経済情勢に
興味をもつきっかけになるかもしれませんね。

 

 

 

一緒に幸せなお金持ちになりましょう!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう