今、一番知りたいiDeCoって?

最近よく耳にする「iDeCo」と言う言葉。
皆さんも、チラッと聞いたことあるのではないでしょうか?

 

「iDeCo」は老後資金の準備の方法として、今注目されている
「個人型確定拠出年金」の愛称です。

 

 

 

なぜ、最近注目されるようになったかというと
実は今までは利用できる人が限られていましたが

 

2017年1月から、ほとんどの人が利用できるようになりました。
働く女性はもちろん、専業主婦も利用できるようになったのです。

 

「iDeCo」の仕組みって?

iDeCoは、自分で毎月掛金を積み立てて、
投資信託や保険、預金の中から好きな商品を選んで運用します。

 

そして、60歳以降に一時金、または年金として受け取る仕組みです。

「iDeCo」のメリットは?

税制上、3つの魅力的なメリットがあります。

 

掛け金が全額所得控除の対象となり、所得税と住民税が節約できます。

長く積み立てることによって、節税できる金額が大きくなります。

 

10年より20年、と積立期間が長いほど
節税できる金額が大きくなります。

 

運用益が非課税です。

銀行で積立預金をしたり、証券会社で運用をしても
利益に対して税金が引かれますよね。
でも、iDeCoなら、運用益が出ても税金が引かれないのでおトクです。

 

受け取る時も税制面で優遇があります。

一時金で受け取る場合は、退職所得控除の対象に
年金で受け取る場合は、公的年金控除の対象になります。

 

気をつけておきたいこと。

魅力のあるiDeCoですが、気をつけておきたいこともあります。

 

60歳まで解約できません。

確実に老後資金を準備するということで
メリットと捉えることもできます。

 

ただし、頑張りすぎて日々の生活が苦しくなるのはつらいですよね。

 

ムリなく積み立てられる額で始めてみてください。

 

1つの金融機関でしか取引きできません。

金融機関によって、
取り扱っている商品の種類や手数料が違います。

 

途中で金融機関を変更するのは大変なので
自分のプランに合う金融機関や商品をじっくり選んでくださいね。

 

専業主婦の方は所得控除のメリットがありません。

専業主婦の方は、自分で住民税を納めてないので
所得控除のメリットが利用できません。

 

運用益が非課税となるメリットを活かしましょう!
ただし、口座管理料より、運用益がでないと逆にマイナスになります。

 

 

 

皆さんそれぞれ、老後の夢があると思います。

 

ご夫婦で海外旅行だったり
静かな場所でゆっくりガーデニングだったり

 

それぞれの夢を叶えるためにも
早めから老後資金の準備を始めてくださいね。

 

 

一緒に幸せなお金持ちになりましょう!

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう